脱毛サロンを経営するのに、必要な免許はありません。確かに、医療用レーザーを使う場合には、医師免許が必要になります。しかし、脱毛サロンで施術をする場合には、民間が発行している資格を取る必要があるでしょう。

たとえば、美容電気脱毛技能検定試験になります。これは、一般社団法人日本エステティック業協会が主催する技能試験です。これは民間の試験なので、国家資格ではありません。ですが、この資格を取っとおけば、衛生面やトラブルの処置などの安全対策技術を習得している証になるため、脱毛サロンを経営する上で信頼性の向上につながります。

また、他にも民間が主催する資格や免許があるので、取っておいた方が良いでしょう。なぜなら、その方が脱毛サロンを経営する上で、有利になるからです。具体的には以下のようなものがあります。
・CPE(認定電気脱毛士:Certified Professional Electrologist)
・認定トータルエステティックアドバイザー
・認定上級エステティシャン
・認定エステティシャン
・AEA認定エステティシャン(基礎資格)

このように、民間が発行している免許や資格があります。しかし、民間の資格だからと言って、簡単に取れるものではなく、難しい資格もあります。そのため、こういった資格や免許を持っているほど、安全面での対策や技術力のお墨付きを得ていることになります。

やはり、脱毛をするなら技術力があって、安全面でもきちんとトラブルに対処できるエステティシャンに施術をお願いしたいものです。つまり、どういった免許や資格を取得しているのかというのは、脱毛サロンを選ぶ際のひとつの基準になるということです。脱毛サロンを経営する際は、信頼性向上のためにも上記の資格を取っておいた方が良いでしょう。

Tagged: New